ナース

ナースの職場環境の現実

かつては、白衣の天使と呼ばれ多くの若い女性の憧れの職業でやりがいのある仕事の代表的存在だったナース。しかし今やナースは、転職の多い職業となっています。その原因は医薬分業や少子高齢化などにより、ナースの仕事がより一層過酷なものになったのが原因の一因だといわれています。

ナースは以前は医師の仕事だった、点滴や注射もナースの仕事となり更にカルテの整理や記録等に費やす時間は以前より増えているようです。ナースの職場の環境はどんどん過酷になっています。白衣の天使に憧れてナースになった途端、過酷な職場環境の現実を目の当たりにして若いナース達の離職率は高まっています。

憧れと現実のギャップが離職の一因だとも考えられます。ナースの実際の職場は、肉体労働で昔からよくきつい・汚い・危険な仕事は3Kだといわれてきましたがナースの仕事は3kどころではなく9Kだといわれています。ナースの職場環境の現実はそれほど過酷な現状です。

ナースの働き方

ナースというと病院で働く姿を想像しますが、ナースとしての働き方は病院だけとは限らずいろいろな場でナースとしての働き方があります。

真っ先に思い浮かんだように、病院の病棟でナースとして働く働き方や病院やクリニックの外来のナースとして働く働き方があります。最近では病院以外でも、大企業には福利厚生の一環とし保健室を企業内に設けて従業員の健康管理をしてくれるナースを雇用するケースもあります。

工場などでも、従業員の怪我などに対応するナースを常駐させている場合もあります。但しこの求人は辞める人が少ないので、なかなか求人として出る事はありません。それ以外にも、高齢化社会に突入している現在では、介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、グループホーム、有料老人ホームなど更に多くの老人介護施設があります。こういった施設では、健康上に問題がある人が多いのでナースとしての求人は、多く求められています。

これ以外にもナースとしての働き方は、多くありナースは多くの職場で求められていますから自分に合った職場を見つける事が出来ます。

ナース求人の多さ

ナースの求人が多い理由はナースを必要としているからです。特に今の時代は高齢化社会です。そのため、医療に関わる求人が多くなります。そのため、ナースの求人も多くなってきます。

将来目指したい仕事が決まっていないのでしたら、医療系に進むことも考えていくことです。必要としている仕事がある仕事を担うことが大事です。理由は仕事は長期的に行なうものだからです。短期的に行なう人であればいいですが、長期的に仕事をしていくことを考えていく人にとっては、長い目で見て、必要とされる仕事を選択していくことが大事です。
もしも、わからないことがあるのであれば、調べることです。

調べることでだんだんと分かるようになってきます。情報を収集することができないと、不安なことも多くなります。しかし、情報を得ることで理解できなかった部分を埋めることができるようになります。インターネットを活用しながらナースに関する情報を収集していきましょう。

看護師求人の情報を一覧にしてるサイトを発見したのでご紹介しておきます。ホームページを作成した方の分析や意見など参考になるかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ